尿素水がなぜ必要か|トラック・バスの尿素水「エコツーライトアドブルー」

日本全国ご対応!

8:00~17:00 日曜定休 日進運輸 株式会社

8:00~17:00 日曜定休 株式会社 オプティ

お問い合わせ

尿素水がなぜ必要か

トラック・バスに尿素水が必要な理由

トラック・バスの排気ガスを無害な物質に変えるために用いられる尿素水。自動車NOx・PM法の改正により、トラック・バスの排気ガス対策として多くの業者が尿素水を使うようになりました。尿素水「エコツーライトアドブルー」が、トラック・バスに尿素水が必要な背景をご説明します。

自動車NOx・PM法による規制

2007年、「自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法」、通称自動車NOx・PM法が改正されました。この法律により、トラック・バスの排気ガス基準値が定められ、基準を満たさない車両は車検を通すことができなくなるようになりました。対象地域は、首都圏(東京都、千葉県、埼玉県、神奈川県の一部)、大阪府・兵庫県の一部、愛知県・三重県の一部で、これらの地域を走行する場合は排気ガス対策を行わなくてはいけません。

排気ガス対策とは

自動車NOx・PM法改正後の基準を満たすためには、トラック・バスの排気ガス対策が必要です。

排気ガス対策のための装置の一つが、尿素水によって有害物質を分解する「尿素SCRシステム」です。以下では、尿素SCRシステムの概要をご説明します。

尿素SCRシステムとは

尿素SCRシステムとは、尿素水を排気ガスに噴射することでNOx(窒素酸化物)を分解するシステムです。尿素水に含まれるアンモニア(NH3)が窒素酸化物(NOx)と化学反応し、窒素(N2)と水(H2O)に還元されます。この仕組みにより有害な窒素酸化物は、無害な物質に分解されます。