誤った情報・国の見解|トラック・バスの尿素水「エコツーライトアドブルー」

日本全国ご対応!

8:00~17:00 日曜定休 日進運輸 株式会社

8:00~17:00 日曜定休 株式会社 オプティ

お問い合わせ

誤った情報・国の見解

アドブルーのこと正しく知っていますか?

多くのトラック・バスに使われているAdBlue®ですが、間違った認識をされているお客様もいらっしゃるようです。こちらのページではアドブルーとはどういったものなのか、アドブルー以外の尿素水を使ってもよいのかなどをご説明いたします。

AdBlue®に限る?

尿素水溶液のタンクに「AdBlueに限る」「AdBlue専用」などの表示はありませんか? これを見て「アドブルーを使わないと壊れるんじゃないか?」「アドブルーを使わないと罰則があるのではないか」と心配されているお客様もいらっしゃると思います。ですが、ご安心ください。アドブルーはあくまで商品名で、尿素水=アドブルーではありません。他の尿素水でもアドブルーの代用になりますし、アドブルーを使わないからといってトラック・バスなどの車両が壊れることも罰せられることもありません。

PICK UP 輸出品にはない!?「AdBlueに限る」の表示
日本向けに製造したバス・トラックには「AdBlueに限る」という表示がありますが、同じ車両でも輸出される製品には表示されていません。なぜなら、日本以外では単一のブランドが占有することなど考えられず、同等の品質を有しているのに使用できないことがはるかに問題となるからです。現在の日本はユーザーの選択の自由がない状態だと言えます。

AdBlue®に関する国の見解

「尿素SCR自動車に使用する尿素はJISK2247-1もしくはISO2241-1に適合するものであることが要求される」と国土交通省は述べています。つまり、日本工業規約(JIS規定)の基準をクリアした尿素水であれば、アドブルーである必要はないというのが国土交通省の見解です。オプティが開発・製造している尿素水「エコツーライトアドブルー」もJIS規定の適合品。アドブルー同様にご使用いただくことが可能です。

エコツーライト成分表示

※クリックで拡大します